OFA販売チームのブログ

OFA販売チームのスタッフによる覚書ブログです。OFAとは日経225先物の完全自動売買パソコンです。当ブログは自動売買に興味のあるすべての人に役立つ「自動売買の百科事典」を目指します。

OFA販売チームのブログ イメージ画像

投資全般

1つ前の記事の続きです。ロスカット値と利確値はセットで考える必要があります。それが最も重要となるのはライオンズ(SPLロジック)です。例えばロスカット値をまったく同じにしても、利確値をわずかに変えただけで結果は大きく違ってきます。以下はおおまかな目安です。(
『利確値の考え方』の画像

新OFAシリーズ(THE-TOP/Sr/Jr)には、SPLロジックやRPLロジックのように、自分でロスカット値を設定できるストラテジーがあります。もちろん、最初から設定されているデフォルト値のままで運用してもよいのですが、相場環境に合わせてロスカット値を調整できれば運用成績が
『ロスカット値の考え方』の画像

DDL社の「アップデート成績表」ではフォワードテストの結果が掲載されています。https://ddldevicelabo.com/resultsheet/バックテストとフォワードテストの違いは以下の通りです。(1)バックテストでは過去チャートに基づき売買をシミュレーションする(2)フォワードテストでは
『バックテストとフォワードテストの違い』の画像

OFAで自動売買をやっていると、利益が出ているときはいいのですが、連日のドローダウンが続いたりすると、裁量判断で「このエントリは早めに決済しよう」とか「今日は負けそうだからOFAをオフにしよう」といった自己判断での売買の誘惑に駆られるものです。ですが、ちょっと
『自動売買と裁量売買の関係』の画像

以下、自動売買を成功させるコツをまとめてみました。(1)十分な資金を用意すること資金は多ければ多いほど安全です。ただし、用意した資金をすべて運用する必要はありません。例えば200万円を用意できるとすれば、そのうち50万円を運用するなど、常に余裕をもった運
『自動売買を成功させるコツ』の画像

OFAでは「岡三RSS」というツールを使用します。このツールは日経225先物等のデータを取得し、OFAのExcelファイルで自動売買が出来るようにするものです。岡三RSSは一般の人にはなじみのないツールですが、OFAを運用するにあたっては、岡三RSSがどのようなものかを理解してお
『岡三RSSについて』の画像

OFAで取引するのは主に日経225先物ミニです。ただしイーグルスなどのNT倍率ロジックのみ日経225先物ミニとTOPIX先物ラージを取り扱います。OFAは自動売買ですが、売買する対象について最低限のことを知っておく必要があります。そこで今回は、日経225、TOPIX、NT倍率について
『日経225、TOPIX、NT倍率について』の画像

↑このページのトップヘ